私もやりたい!芸能人ダイエット
V2C目当てで来た方はとりあえずwiki
このブログに書いてあることはほぼ網羅、かつコンパクトに纏められています。
その上で記事見る方はこちらへ。V2C関連全記事
Tipsを流し読みする感じをご要望ならこちらへ ちょっと便利な使い方

2010年08月22日

ドラクエ6のコンサート行ってきました!(京都コンサートホール)

2010/8/21、京都コンサートホールにドラクエ6のコンサート見に行ってきました!

とその前に、発信しておきたい情報というか意見をひとつ。この記事で言いたい事はここに集約。

ドラクエ大好き人間は数いれど、コンサートに行ったことある人って結構少ないんじゃないですか?
そういう人は一度行った方がいいんじゃないですか? てなことが言いたいわけです。

というのも、すぎやまこういち先生は今年で御年79歳

まぁ見た感じまだまだ現役でバリバリいっちゃいそうな感じでしたけどね。
しかし、言いたくありませんが年齢が年齢だけにもしかしたら急に…なんてこともあるかもしれません。
うちのじいちゃんもあんな元気だったのに急に…(´;ω;`)

ドラクエコンサートは場所や内容にもよりますが、私が住んでる関西でフルオケなコンサートをやるのは平均年一回。
チャンスは意外と少ないかもしれませんよ…

今回はドラクエ6。去年はドラクエ9。その前はドラクエ5。という感じで、演るのは直近に発売されたゲームの曲をやるみたいです。(来年はどうするんだろ)

うむむなるほど と思った人はコンサート情報をチェックしましょう!
http://sugimania.com/concert.html

どうです、全然やってないでしょう…
次は逃しちゃだめですよ!

上にはまだ載ってないようですが、
2011年4月29日(金・祝) 14:00 開演 アクロス福岡シンフォニーホールで ドラクエ3 そして伝説へ…(予定)
2011年8月27日(土) 14:00開演   京都コンサートホールで スペシャルコンサート
があるみたいです。
覚えておきましょう!

後、こっちでもすぎやま先生出るので見逃さないように
題名のない音楽会でゲーム音楽SP!!!


というわけでここからはただの日記なので、
暇な人以外はもっと有意義なことに時間を使ってください。( ´Д`)ノ~~~

ドラクエ好きだと言いながら去年のドラクエ9に行ったのが初めてです。なぜかそれまで行くという選択肢を考えたこと自体ありませんでした。
(子供の頃からCD聴きまくってたのになんでだろ…)

今回はこないだ6が発売された関係か、6のコンサートです。
dq00.jpg


京都コンサートホールで開催されました。
dq01.JPG


13:15開場 14:00開演 でしたが、開場時間の時点でもう人がうじゃうじゃいました。
入り口ロビー付近ですでにたくさん。
予想通り多くの人がDS持ってました。

DQ9ですれ違いしてみましたが入れ食いです。
札幌から来たとかいう強者までいましたΣ(´∀`;)


私の主観ですが、全体的に若い人が多かったですね。もっとオッサンばっかと思ってましたが。
女性も思った以上に多かった。男性と半々くらいに近かったような。
子連れも何人かいました。
そうですよね。古くからのドラクエ好きならそんくらいの年齢でしょう。


ホワイエでは楽譜の販売が行われていました。
「わざわざコンサートに来る人なんて既に持ってるんじゃないの?」とか思ったんですが、すごい人だかりです。
なんか一人で何冊も買ってた人いたし…さすがです。
「ドラクエ相手なら金に糸目はつけない」みたいなオーラが漂ってました。


もちろんホワイエでもDS持ってる人多数。
ちなみに、DS持ってる人の画面こっそり覗いたりしてましたが、みんな9でしたね。

もう発売されてから1年なのに…
ていうか6のコンサートなのに…


というわけで、すれ違いやらなんやらしてるとあっという間に時間が過ぎ、開演となりました。


もちろん一曲目は序曲。

ドラクエファンなら、アレで鳥肌立たない人いないんじゃないですかね。


演目は

 第一部
  1. 序曲のマーチ
  2. 王宮にて
  3. 木漏れ日の中で〜ハッピーハミング〜ぬくもりの里に〜フォークダンス〜木漏れ日の中で
  4. さすらいのテーマ〜静寂に漂う〜もう一つの世界
  5. 迷いの塔
  6. ペガサス〜精霊の冠
  7. 悪のモチーフ〜ムドーの城〜戦慄のとき〜ムドーの城
  8. 勇気ある戦い〜敢然と立ち向かう
第二部
  1. 哀しみのとき
  2. 奇蹟のオカリナ〜神に祈りを〜奇蹟のオカリナ
  3. エーゲ海に船出して
  4. 空飛ぶベッド
  5. 暗闇に響く足音〜ラストダンジョン〜暗闇に響く足音
  6. 魔物出現
  7. 魔王との対決
  8. 時の子守唄

演奏の合間にすぎやま先生のお話。
意外とドラクエメインの話ではなく、京都(と京都市交響楽団)の話が多かったような気がします。

9の時はドラクエの話が多かった気がするんですけどね。
そん時は、よくあの年でDSプレイできるなぁと思いましたよ。
当時DSiLLも出てなかった気がしますし。

あの歳でゲームシステムきちんと理解して楽しめるのも凄いと思いましたが、ゲーマーとしての年季が違うのでそこは当たり前なのか。
そこらの老人にすれ違い通信の話しても「????」で終わるでしょうに。


おおっと、そういえば今回は、おそらく考えたことある人も多いであろう

「ドラクエ6であのモチーフはいったい何回出て来るのか?」

って話題が出ました(,,゚Д゚)
すぎやま先生曰く「5回よりたくさん」 との事(笑)


そしてアンコールはドラクエ9の「天の祈り」と「序曲」でした。

9で一番好きな曲はまさに天の祈りなんですよね。(天使界の曲)
あの曲は、「天使界ににぴったり」なんてもんじゃない。
「あの曲ありきの天使界」といっても過言じゃないです。
天使界の空気感や住人のキャラ付け等のほぼ全てをこの曲が担っているんじゃないかとさえ思えます。

9のコンサートのときにすぎやま先生がおっしゃってましたが、
天の祈りは元々あんなに長くはなかったそうです。

しかし実際にプレイしてみて、「これじゃまだ足りない」と感じて作り足したそうです。
おそらく後半の転調する箇所でしょう。

あそこ滅茶苦茶好きなんです。さすがです。


アンコール含めて堪能させていただきました。

来年も絶対行きますわ。(何演るのかな?)



補足
ホワイエ出るときに、こんなものが机の上に置いてあるのを見つけました。
dq02.JPG

何々…管弦楽団グランド・ノヴァ…

なるほど… マリアとドラクゥ に クロノ・トリガー に アシタカ聶記

なんなのこのいいとこ取りみたいな演目

絶対聞きに行きますよバンザーイ!!!

公式サイトだそうです↓ なんか自分のFireFoxで見たら思い切り表示崩れるんですが…(IEだと大丈夫)
http://music.geocities.jp/orchestra_grand_nova/concert.html


はぁ、自分も学生時代にこういうの入っとけばよかったなぁ。
posted by sarasate at 10:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

Amazonのリンククリックでビューワが開いちゃうのを阻止する(専ブラ+ImageViewURLRepalce.dat使用時)

ImageViewURLRepalce.datをJaneに導入すると、イメピタやAmazonのURLが貼られてもサムネイル化されて便利なのですが、URL自体が「画像」として判別されてしまい、URLをクリックしてもその画像がビューワで開かれるだけ、とデメリットも出てきます。

一応これはURLExec.datで回避できます。

ImageViewURLReplace.datと一緒に配布されているURLExec.datをメモ帳で開けば分かりますが、一番下に
;末尾がjpe?g|gif|png|bmpのURLはビューアで開き、それ以外の全てのURLをブラウザで開く(Styleのみ対応)
;有効にする場合は下二行のルールの先頭についてる;を外してください
;.+(jpe?g|gif|png|bmp)(?:\.html?)?$    $&    $VIEW
;.+    $&    "$BROWSER" "$URL"
という行があるはずです。早い話がこの通りすればいいです。
2010/8/27追記
StreamingPlayer3ベータに同梱されているものは最初から有効化されているようです。
Styleのみ とありますが、V2Cでも効きました。
ImageViewURLReplace.datだけを使っている人は、最後2行の;を消した後、これ以外の行を全部消しましょう。

これで、画像以外のURLはブラウザで開く、という動作になります。
ImageViewURLReplace.datを使っているなら、サムネイルもきちんと表示されるはずです。



以下ちょいと説明… 
予想外の動作したりもしますので、なぜ上記設定でこうなるのか理解してない人は読むことをお勧めします。
まず、URLExec.datって何? という人へ…

http://janesoft.net/janestyle/help/first/URLExec.html
此処に書いてありますが、噛み砕きますと…

「URLExec.datに書かれたURLをクリックした場合は、指定したアプリで起動する」

って感じでしょうか。
指定されてないURLは規定の動作になります。
URLの指定は正規表現で行ないます。

URLExec2.datの場合は、上記説明の「クリック」が「マウスオーバー」にすり替わるだけです。

つまり…URLExec.datを編集すれば
「TwitterのURLを左クリックしたらTwitterの専用クライアントで開く」とか
「zipのURLはIrvineで開く」
といった事が出来るわけです。

ちなみに、StreamingPlayerに付属しているURLExec.datは主に
「対応しているURLはStreamingPlayerで開く」
といった設定が書き連ねてあります。
注意書きの「末尾がjpe?g|gif|png|bmpのURLはビューアで開き、それ以外の全てのURLをブラウザで開く」
というのは、言い換えると「URLの末尾(拡張子)が画像のものだけビューワで開く」ということです。
つまり
「イメピタ等のURL末尾が画像じゃないものは外部ブラウザで開いてしまう」
ということです。

というわけで、この設定は一長一短あります。
ご自分でどちらをとるかトレードオフして決めてください。

ちなみに私は、画像のURLをクリックすること自体あまりないので有効化して使ってます。
V2Cを使ってますが、
  • 画像URLのマウスオーバー
  • サムネのマウスオーバー
  • サムネの左クリック
こんだけあればやりたい事できますし。

ただし、V2Cの場合上記設定をしてしまうと、TwitterのURLも外部ブラウザで開くようになってしまいます。
だもんで私は、有効化した
.+	$&	"$BROWSER" "$URL"
の行を
^((?!twitter\.com).)*$	$&	"$BROWSER" "$URL"
に書き換えたらうまくいってます。(TwitterのURLは弾くよう設定)
適当なんでこれであってるのかよく分かりませんが、まあ問題が出てから考えることにします。


また、「とりあえずAmazonがブラウザが開いてくれたらいい」という場合は、冒頭に書いた下2行有効化はやらずに
http://(?:www\.)?amazon\.(co\.\w{2}|com)/.+/(\w{10})[^\w]*	$&	"$BROWSER" "$URL"
という行を一番下に追加するだけでいいはずです。
「じゃあヤフオクも」という場合は、
http://page\d*(\.auctions\.yahoo\.co\.jp/)jp/auction/\w+	$&	"$BROWSER" "$URL"
を追加。
私は正規表現ってほとんど分からんのですが、全部ImageViewURLReplace.datからのコピペでいけました。
こんな感じで全部指定した方が細かく制御できるのでいいかもしれませんね。


で、こういった修正をURLExec.datが更新されるたびにやるのがちょっと面倒なので
URLExec.dat置換作業補助エディタ作ってみたわけです。
posted by sarasate at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

URLExec.dat置換作業補助エディタ作ってみた(SetURLExecのパクリ)

こないだ、V2Cにマウスオーバーでスクリプトを起動する機能が付きました。
思わずキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と本スレに書き込みたいところでしたが、いつも通り規制で書き込めませんでした…
なんかずーっと規制されてる気がするんですがeonet

まあ規制の話は置いといて、
この機能のおかげで「ニコニコ動画のURLにマウスオーバーしたらその動画情報がポップアップ」
みたいなことが実現できるわけです。
WS000067.png
設定方法→http://www39.atwiki.jp/v2cwiki/pages/59.html

ニコニコに限らず、マウスオーバーでちょっと見ビューワ みたいなことも出来るので便利です。
URLExec2.dat経由で設定するので、こういったスプリクトの纏めを誰かが作ってくれればそれを指定場所に保存するだけで使えるようになるのも魅力的です。


大分前置きが長くなってしまいました。
ここから本題。V2Cだけの話ではなくURLExec.datの話です。

現状だとURLExec.datやImageViewURLReplace.datは、更新されるたびに新しいファイルが配布されます。
デフォルトで使う場合は毎回上書きするだけで問題ないですが、自分仕様にカスタマイズしている場合は毎回その場所を修正しなければなりません。
よくありそうなのは、64bit版V2Cを使ってる人がSysWOW64のmshtaを呼ぶように書き換えるとこでしょうか。
その程度なら既にSetURLExecというツールがあり、それで簡単に置換できてました。
ここの下の方でどんなものかちょろっと説明してます。
StreamingPlayerで「最新のFlashPlayerをインストールしてください」と言われる

今回作ったのはSetURLExecの機能に加えて
  • 指定行を有効化する
  • 指定行を無効化する
  • 指定した文字列を追加する
  • URLExec2.dat、URLExec3.dat、ImageViewURLReplace.dat、ReplaceStr.txtにも使える
  • コマンドライン引数でファイル名を指定することにより、置換→保存→アプリ終了まで自動
といったことも出来るようにしました。

ImageViewURLReplace.datを導入するとAmazonやヤフオクのURLも画像として取り扱われてしまいますが、これらは通常のURLとして扱いたい、という場合は自分で該当行を無効化しないといけませんでしたが、こういう作業も自動化できます。

「更新のたびに修正するのが面倒」とかいう意見ほとんど見ないんですが、SetURLExec以外にそういうツールあるんですかね?
まぁあったら作る気なくなってしまうので探す作業はあまりやってません。
というわけで、「なんか作ってみたかった」レベルのモチベーションで作ったので適当な上にやたらニッチなアプリですが、そこら辺覚悟して使う方はどうぞ。
ダウンロード:SetURLExecEx.zip
  • 2010/8/20 追加行設定にある行は有効化・無効化は行わないようにした
  • 2010/8/22 ちょっと修正


 使い方

まず、.NET Framework3.5以降が必要なので入ってない場合はインストールして下さい。
Vista以降ならすでに入ってる…はず。
後は解凍してURLExec.datがある場所(V2Cだと保存用フォルダ)に実行ファイルを置いてください。
設定ファイル(SetURLExecEx.settings)を同じ場所に保存しますので、UACで怒られる場所だとダメ。

起動するとこんな感じです。
WS000062.png

初回起動時にSetURLExec.txt(SetURLExecの設定)があればそれも読み込むはずです。
使い方も基本的にはSetURLExecと同じです。
更新のたびに行う置換部分を指定するだけ。

例えば、ここにあった「64bit版のmshtaを呼びだす」ような場合は
WS000063.png
こんな感じに設定することになります。

ここまではSetURLExecと同じです。
その他の機能もマウスポインタをボタン等の上に置けばツールチップが出るはずなのでそれを見れば分かると思うのですが…

追加機能としてはこの辺りです。(右上の「追加設定使用」のチェックを付ける必要があります)
WS000064.png

これらはパスの置換以外の機能を提供しますが、
変な設定をしてしまうと、専ブラのマウスクリックやマウスオーバーの動作がおかしくなる可能性があります。
URLExec.datやImageViewURLReplace.datの機能をよく理解してる人だけ使ってください。
設定が正しくてもバグでおかしくなる可能性ありますから、例えそうなっても自分で問題探せるような人でないと危ないかも。
これのせいなのに「URLをクリックしても専ブラで開かなくなってしまった」なんて質問を本スレでしないでくださいね…


 「有効化行設定」「無効化行設定」
「既存の行を無効化したい」
もしくは
「デフォルトで無効化されている行を有効化したい」
という場合に使用します。

こんな感じで該当行をタブとかもそのままコピペしてチェックを入れてください。(1行単位で設定してください)
WS000065.png
「有効化行設定」の場合は、置換作業実行時に設定した文字列を含む行を発見すると、その行を有効化(行頭の";"を削除)します。
「無効化行設定」だとその行を無効化します。(行頭に";"を付加)

DELキーで選択項目を削除できますが、「置換はしないけど設定自体は残しておきたい」という場合は、「有効」のチェックを外してください。

また、該当行の検索は完全一致ではなく部分一致で判断しますので、例えばyoutube関連は全部無効にしたいという場合は、「youtube」とだけ無効化行に設定すればいけるでしょう。
ただし、追加行設定にある行と完全に一致する行は無視されます。(追加行設定が優先)

 「追加行設定」
単純に、入力された文字列をdatの最後尾に追加するだけです。
個人的な設定を毎回追加したい場合に使ってください。
追加設定に入れた文字列を一行ずつ調べて、「完全一致する行がなければ追加する」ようにしているので、仮に置換ボタンを連打しても同じ行がいくつもできる、ということはないはずです。


 ImageViewURLReplace.datとReplaceStr.txt
需要あるのかどうかわかりませんが、これらも編集できるようになってます。
これらのファイルがあれば左上のコンボボックスを切り替えれば読み込めるようになっているはずです。

これらに関しては、一番上の置換設定は使えません。(使う意味ないと思う)
使えるのは「有効化行設定」「無効化行設定」「追加行設定」です。
特定のサイトだけ無効化したい、とかそういう場合に使ってください。


 コマンドライン引数について
例えば、このアプリのショートカットを作成して、リンク先を
"F:\V2C\SetURLExecEx.exe" "ImageViewURLReplace.dat" "UdRLExec.dat" "URLExec2.dat"
のような感じで設定すると、設定した置換設定で置換・保存した後自動でアプリを終了するショートカットが作れます。
上記例のように複数ファイル名を指定された場合は全てに置換処理を行ないます。
通常は一度置換用の設定をしてしまったら後はファイル更新の度に置換するだけだと思うので、こういう使い方で常用することになると思います。

現状対応しているのは
  • URLExec.dat
  • URLExec2.dat
  • URLExec3.dat
  • ImageViewURLReplace.dat
  • ReplaceStr.txt
だけなので、これ以外の文字列を指定することは出来ません。
タグ:Jane V2C URLExec.dat
posted by sarasate at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。