私もやりたい!芸能人ダイエット
V2C目当てで来た方はとりあえずwiki
このブログに書いてあることはほぼ網羅、かつコンパクトに纏められています。
その上で記事見る方はこちらへ。V2C関連全記事
Tipsを流し読みする感じをご要望ならこちらへ ちょっと便利な使い方

2012年10月23日

U24AをSSDへ換装。USBメモリ(メモステ)からブートでリカバリ。

ASUSのノートPC、U24Aを買いました。そして今流行のSSDにしてみようかと思ったら色々問題が。
このノートは光学ドライブがついてない上に外付け光学ドライブ持ってないので困った。

しかし、USBメモリがあればリカバリできるという情報を発見し、ようわからんままググって集めた情報を元に挑戦したら特にトラブルもなく成功(してると思う)。
環境をバックアップ→リストアだと面倒なことに巻き込まれたという報告があるみたいですが、リカバリの場合は特にそういったことはないようですね。
ただ、欲しい情報がドンピシャですぐ見つかったわけでもないので、同じことで悩む人の助けになれば、というわけでまとめてみます。

シチュエーションは以下の通り

  • 外付け光学ドライブ持っていない
  • 16GBのUSBメモリやSDカードなら持っている(リカバリイメージが8GB超えになったので8GBではたぶん足りない)
  • 環境の移行ではなく、リカバリ(工場出荷状態)でのSSD換装
  • フリーソフトだけでなんとかする

  • リカバリしたいノートPCでの作業のみでリカバリ可能です。

    SSDはPX-256M5Sにしました。
    選んだ理由は、なんか評判よさそうだったから。つまり適当。
    Intelの330が一番安そうだったんだけど、色々と危なっかしい噂もあり、初心者な自分は回避したのでした。
    で、+1000円だったM5Sを選択したというわけです。
    U24AのHDDは9.5mmらしいので、同じだったら大丈夫だろうってのもあります。SSDの厚さって7mmと9.5mmがあるんですってね。

    さて、とりあえずリカバリ後のベンチ結果。

    crystaldiskinfo.pngcrystaldiskmark.png

    こんなもんでしょうかね。


    さて、リカバリですが、実は16GBのUSBメモリもってない…
    おお、しかしメモステなら16GB持ってる。
    しかしカードリーダ持ってねえし…メモステProDuo用のアダプタも持ってない…
    仕方なく、PSPをU24AにUSB接続してそこからブートという何やら貧乏くさいやり方になりました。

    手順的にはまったく同じやり方でUSBメモリやSDカードでもできるはずです。
    PSPとメモステでやろうという人はさすがに相当少ないと思うので、「USBメモリ」という表現でいきます。

    ではまず大まかな手順
    1. U24AでリカバリディスクのISOイメージを作成する
    2. Windows7に付属のdiskpartを使ってUSBメモリをブート可能なものにフォーマット
    3. ISOファイルの中身をUSBメモリにコピー
    4. HDDを外してSSDを取り付け
    5. USBメモリからブートしてリカバリ
    では詳細な手順

    1.U24Aでリカバリディスク用のISOを作成する

    AI Recoveryを起動し、
    「BD用の容量でISOファイルを作成する。」
    を選択してバックアップを開始します。保存先は別にどこでもいいかな。
    「BD1.iso」というファイルが作成されるはずです。
    iso.png

    USBメモリにISOの内容をぶち込むのでDVDの容量(ISOが3つになる)で作成する必要はないでしょう。
    逆に、DVDの容量で作成すれば容量の小さいUSBメモリでもファイルをとっかえひっかえしながらリカバリできるかもしれませんが、試してないのでわかりません。

    2.Windows7に付属のdiskpartを使ってUSBメモリをブート可能なものにフォーマット
    ここを参考にしました。
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1155diskpart/diskpart.html
    自分が実行したコマンドは以下のものです。

    DISKPART> list disk
    DISKPART> select disk 1
    DISKPART> clean
    DISKPART> create partition primary
    DISKPART> select partition 1
    DISKPART> active
    DISKPART> format quick fs=ntfs
    DISKPART> assign
    DISKPART> exit

    2行目を間違えて作業を進めると下手したらHDDのデータが消えるらしいので注意!
    list diskでリストアップされるデバイスを見て、USBメモリの番号をきちんと確認してください。
    細かい操作法はリンク先を見てください。わかりやすく載ってます。
    自分の場合、他のデバイスは付けていなかったので0がHDD,1がUSBメモリとなりました。

    また、7行目のformatのところを少し変えています。
    リンク先とまったく同じにするとFAT32でフォーマットされてしまいます。
    BD用のイメージ容量がFAT32の制限を超えてるのでこれだとコピーできないです。

    しかもquickをつけないとやたらフォーマットに時間がかかります。
    自分の場合、一発目はコマンドをそっくりそのまま使ったため、時間をかけてFAT32でフォーマットするという無駄時間を消費しました。
    再度フォーマットしなおした訳ですが、またあの時間待つのはあほらしかったのでクイックフォーマットにしました。

    きちんとフォーマットしたいという方は
    DISKPART> format fs=ntfs
    でもよいでしょう。
    exitまで進んだらここの手順は終了です。

    ちなみに、リンク先の記事中にある
    TIPS「Windows 7のインストールUSBメモリを作る(Windows 7 USB/DVD Download Tool編)
    を使うと、全自動で3.までやってくれるぽいんだけど、自分の場合ISOコピー時にエラーが出たので諦めました。


    3.ISOファイルの中身をUSBメモリにコピー
    ISOファイルをそのままコピーしても意味ないので注意。ISOファイルの「中身」です。
    U24Aだと、作成したISOダブルクリックで「ISOビューワー」とやらが立ち上がり、そのまま中が見えます。
    (別環境でそういったソフトが入ってないという場合は、適当に探してきてインストールしましょう。)

    では、1.で作成したファイルをダブルクリックしましょう。
    中はこんな感じでした。
    isoの中身.png
    これをそっくりそのまま2.でフォーマットしたUSBメモリにコピーします。
    「ISOビューワー」の場合は、これらファイルを全選択して、「ファイルの抽出」でファイルを取り出せます。
    ただし、USBメモリに直接保存するとエラーが出て途中で停止してしまいました。
    どちらにせよ抽出したファイルはまた使うかもしれないのでHDDに保存する方がいいと思います。
    HDDに抽出したらそれらをエクスプローラのD&DでUSBメモリへコピー。

    これでUSBメモリの準備は完了。

    4.HDDを外してSSDを取り付け
    HDDを取り外してマウンタをプラスドライバで分離し、SSDの方に取り付けます。
    と、ここで、外したHDDと買ったM5Sのコネクタの形が明らかに違うのでビビりました。
    よくみたらHDD側のコネクタにアタッチメントのようなものがついてて外れるようになっており、これをM5Sに装着して取り付けできました。

    また、衝撃吸収用であろうスポンジがHDDに接着されていました。
    うまくはがしてSSDの方に貼りなおせないかとがんばってみましたが、ものの見事に失敗したので、家にあった似たようなもの(たぶん100均で買った)をSSDに貼っておきました。

    気になる方は作業開始前にHDDを取り外して確認し、必要そうなものを入手しておくといいでしょう。
    装着したら元通り裏蓋を取り付けましょう。

    5.USBメモリからブートしてリカバリ
    USBメモリを挿して電源ボタンを押し、U24Aを立ち上げてすかさずESCを連打。
    どこからブートするか選択肢がでるので、USBメモリと思われるものを選択します。
    うまくいけば何やら読み込みが開始され、しばらくすると「リカバリしますか?」的なことを聞かれるので、後は言われた通りにしてくとリカバリ終了です。

    途中、リカバリ先を聞かれます。
    私は1パーティションにリカバリする設定を選択。考えてなかったんで適当。
    その後何度も勝手に再起動を繰り返します。
    普通にWindowsが立ち上がってるように見えたりしますが
    「今作業してるから触らず待て」的なことが英文でうっすら見えるのでとにかく放置。

    そのうち、工場出荷状態で電源入れると最初に出てくる画面(IME設定してPC名付けたりするアレ)になるので、リカバリ完了。
    パーティション構成はこんな感じになってました。
    パーティション.png


    取り出したHDDは外付けケースにでも入れて使いますか。
    タグ:ssd
    posted by sarasate at 00:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | windows7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年12月05日

    Windows7 買いました

    ずっとXPで来たのですが、いろいろ悩んでWindows7を買いました。
    待っても安くなるもんでもないし(たぶん)
    安い優待版がまだ買えるうちに・・・といういことで。
    というか、一番最初の優待版で悩んでたら(HomePremiumで8000円切ってた)
    1日で売り切れてしまったので、
    もう同じ轍は踏むまいと買いました。


    Windows 7 Professional アップグレード 発売記念優待版


    リモートデスクトップとXPモードが欲しかったのでProfessionalを。

    アップグレード元はPCについてきたVistaということにして
    今使ってるXPは残してデュアルブートにし、64bitを入れてみた。
    PCはDELLのInspiron530です。
    ドライバ等何も用意せずに普通に動きました。
    Geforce8600GTが載ってるモデルですが、これも動いてる。
    すごいね。

    とりあえず、他ではあまり動作報告なさそうなハードだけピックアップ

    ・BOSS GS-10

    64bitドライバがない!(Win7どころかVistaのもない)
    公式サイトにWin7対応・非対応ハードの一覧がありますが、
    GS-10は載ってすらいませんでした・・・
    ダメ元でXPモードで試してみましたが、ASIOモード動作不可。
    ドライバインストまではうまくいくし、
    アプリ側からデバイスとして見えるけど、音ならない・・
    まぁうまく動いたとしても実用レベルにはならないと思いますが。

    サポートに問い合わせてみたけど、やはり無理と言われた・・・
    ついでに、「対応する予定は?」と聞いたら
    「貴重なご意見として製品担当部門まで申し伝えます」
    的なコトを言われました。
    もしかしたらたくさん要望出せば作ってくれるかもしれないので、
    使ってる人はサポートにドライバ催促メール出すの協力してください。
    https://www.roland.co.jp/form/helpdesk/index.html

    (2011.3.6)追記
    出てた!!
    最初から作る予定だったのか要望がたくさん来たからなのか知りませんが…
    http://www.roland.co.jp/support/downloads/index.cfm?PRODUCT=GS-10
    (2010.02.17 公開)
    ってもう一年以上前だー 気づかないにも程があるだろ
    まぁ全然使ってないから困ってもいなかったわけですが
    ここ見て催促メール出してくれた人、ここのPV見る限り存在しないと思うし、いたとしても二度とこのページに戻ってくることはないと思うけどお礼言わせていただきます。
    ご協力ありがとうございました。

    ・Roland UA-30

    Windows7の標準ドライバで問題なし。
    EDIROLができる前?の古い製品ですが、いまだにサウンドカードの代わりに使ってます。

    (2010/5/24追記)
    やっぱり微妙?最近急に音が鳴らなくなったりします。USB抜き挿しで治ったり、再起動しても治らなかったり。
    デバイスマネージャーからは正常に動いているように見えますが…原因調査中。
    →よくわからんので放置。最悪ドライバ削除したあとUSBケーブル繋ぎ直しで治るのでもうこれでいいやと。


    ・BUFFALO BGC-UPS201/SV

    BUFFALOのPSコントローラ用コンバータ
    Windows7の標準ドライバで問題なし。


    ・どこのかよくわからないPCI用USB+IEEE1394増設カード

    Windows7の標準ドライバで動いた
    ていうかなんて製品かわからない
    箱とか捨てたしw



    自分の場合、64bitの恩恵を受ける使い方としては音楽制作ですが(つっても趣味以下になっててほとんどやりませんが)
    そこで必須であり、持ってる唯一のASIO対応オーディオインターフェースが使えないとなると
    もうこの時点であまり意味がないw

    でもまぁどうせやってないし、
    使う場合は残したXP使うか・・・



    ということで気を取り直してソフトを入れていく。

    いろいろと聞いた話からのイメージだと
    「32bitのソフトも大体動く。もしだめでも何かしら代替ソフトがある」
    という感じで、実際そんな感じだったのですが・・・
    結論から言うと挫折しました。

    動くんだけど、何かしら変な動作するので
    それを調べるためにググってググって・・・・
    の繰り返しで疲れました。

    GS-10の件もあるし、もう32bitでいいや・・・
    また暇なとき入れよう・・・

    (2011.3.6)追記
    結局64bitのままここまできました。
    初期の常用ユーティリティー系アプリインストールで挙動不審なのが数点あっただけで
    その後の運用で動かない物が出てくることは殆どありませんでした。続きを読む
    posted by sarasate at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | windows7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。