私もやりたい!芸能人ダイエット
V2C目当てで来た方はとりあえずwiki
このブログに書いてあることはほぼ網羅、かつコンパクトに纏められています。
その上で記事見る方はこちらへ。V2C関連全記事
Tipsを流し読みする感じをご要望ならこちらへ ちょっと便利な使い方

2010年04月25日

SmartBiffのplist用エディタを作ってみた(Windowsのみ)

「プログラムちょっと勉強したのでなんか作ってみよう」

「便利そうなソフトはすでに誰かが作ってくれてる」

「今自分が欲しい機能をもったソフトでそこらで見当たらないのってどんなんかな…」

そういう訳でこういう事になりました。
大して需要はないと思いますが…

SmartBiffに関してはこちら。
使い方や設定の説明もしてくださってます。
このページではplistの設定方法しか触れてませんので、ファイルの場所とかインストール方法等はこちらを見ておいてください。
[iPhone][Jailbreak]iPhoneのSMS/MMS着信音振り分けを可能にする SmartBiff
http://moyashi.air-nifty.com/hitori/2009/07/iphonejailbre-1.html

(6/14追記)
もう公開終了してしまったようです…


鳴り分けの設定はplistを編集して行う訳ですが、大量に設定するとなると面倒くさいということで作ってみました(Windows用です)

まず、.NET Framework3.5以降が必要なので入ってない場合はインストールして下さい。

これまた適当に作ってあるので、SmartBiffの仕様が変わるだけでもう使えなくなります\(^o^)/
ちょっとでもフォーマットが違うファイルを読み込むと変な動作するかもしれません。
逆に変なファイルを出力してしまうかもしれないので、頑張って設定した後のSmartBiffRules.plistに上書きする場合は、別にバックアップ取っておいてからの方がいいでしょう。
その他、このソフトを使ったことにより何が起こっても私は関知しませんので、それを理解している人だけ使ってください。

SmartBiffRulesEditor.zip


 使い方
SmartBiffのplist構成がわかっていれば見た感じで操作できる…と思います。たぶん。
各設定場所にマウスを当てるとツールチップが出るので、それも参考にしてみてください。
作者さんの説明をそのまま表示してるだけですが(;^ω^)
↓が、SmartBiffに同梱されているSmartBiffRules.plistを読み込んだ場合です。
WS000122.JPG

左のペインに鳴り分けルールの名前とその有効/無効を切り替えるチェックボックスがあります。
図だと全部で5つルールがあることが分かりますでしょうか。
真ん中のペインが選択されたルールに割り当てられた鳴り分け条件の内容です。
一つのルールに対して複数の条件が割り当てられます。
この例でいうと、一つ目のルールの鳴り分け条件は
2010y04m25d_131745819.jpg
「連絡先の名前」が「Hoge」
もしくは
「メールアドレス」が「hogehoge@gmail.com」
の場合に「mmssound1.caf」を鳴らす という設定です。
「全て一致した場合のみ条件成立」にチェックが入っている場合は、両方共成立した場合に条件成立と判断されます。
こんな感じでルール毎に着信を設定でき、それに対して鳴り分け条件を複数設定できる というかんじです。
例えば、ひとつのルールに複数の人のアドレスを設定して、「全て一致した場合のみ条件成立」をオフにしておけば、グループ着信音のような振る舞いになります。

注意としては、SmartBiffは鳴り分けルールの上から順に条件を調べていき、一番最初に条件成立したルール(着信音)を鳴らすという仕様なのでルールの並びも意識する必要があります。



後、右下ペインに.cafファイル登録用のリストを搭載しています。
ここに着信音である.cafファイルをエクスプローラからD&Dすれば表示されます。
拡張子が.aifの場合は自動で.cafにリネームされます。(されたら困る場合はご注意ください)
ダブルクリックで試聴できます。
WindowsMediaPlayerに再生させてるだけなので、インストールされてない場合はどうなるか分かりません…
cafリストから、着信音を設定するテキストボックスにD&Dするとそのままファイル名が設定されます。
2010y04m25d_110822719.jpg
とりあえずcafは全部このリストに登録しておいて、D&Dで設定していく、という使い方を想定してます。
iPhoneに転送してくれるわけではないです。ファイル名の登録を楽する為だけのものです。

さらに、Vista以降しか対応してませんが、Windowsのアドレス帳を読み込めるようになってます。
Contacts.Netというライブラリを使うとやたら簡単に取得出来たのでありがたい。
iTunesでiPhoneのアドレス帳とWindowsのアドレス帳と同期していればここからD&Dでルールを作れます。
読み込むのは名前・メールアドレス・電話番号だけです。デフォルトに設定されている項目は太字で表示されます。
鳴り分けルールを新しく作る場合は左のペインに、既存ルールに条件追加する場合は右のペインにそのままD&DすればOKです。
2010y04m25d_111952999.jpg

D&Dするノードに子要素がある場合はそれ以下全部を登録しようとします。
まぁここらへんは適当D&Dして試してみれば分かると思います。


全部設定できれば「SmartBiffRules.plist」として保存し、これと使用したcafファイルをiFunBox等でiPhoneに転送してやればOK。
こんな感じです。

本当はもうちょっと色々機能つけるつもりだったんだけど、作りながら試用してる間に自分用の設定ファイルが完成してしまい、その時点でやる気がどっかいってしまいました。何これひどい。
posted by sarasate at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。