私もやりたい!芸能人ダイエット
V2C目当てで来た方はとりあえずwiki
このブログに書いてあることはほぼ網羅、かつコンパクトに纏められています。
その上で記事見る方はこちらへ。V2C関連全記事
Tipsを流し読みする感じをご要望ならこちらへ ちょっと便利な使い方

2010年04月22日

V2Cのちょっと便利な使い方3 〜StreamingPlayerとImageViewURLReplace.dat〜

専ブラ使ってると

  • なんかサムネイルされない画像がある
  • スレッドに貼られたyoutubeとかもサムネイルでみたい
  • さらにそれをwebブラウザではなく専ブラで開きたい

みたいな不満点が出て来ると思います。
もちろん開発者の方たちは気づいていて、これを解決するからくりを用意してくれています。

コレを使いましょう。
http://www26.atwiki.jp/replace/

2010/8/8追記
新型StreamingPlayerが登場しました!!!!!
http://blizzardkite.sakura.ne.jp/streamingplayer/

まだアルファ版のようですが、色々と機能が追加されてます。テストやってやろうという方はぜひどうぞ。
「アルファ版て何?」という方は使うのやめましょう。
Jane用ですが、V2Cでも使えます。
V2CはStyle用のをダウンロードしてきましょう。
中身を解凍すると
StreamingPlayerxxxxxx(xxxxxxは日付の数字)というフォルダがでてくると思うので、その中身をV2Cの保存用フォルダに全て解凍しましょう。(保存用フォルダの場所はV2Cのヘルプ→V2Cについて…から確認できます。)

WS000115.JPG
↑これです。
余計なものを入れたくない、という場合は必要なものだけいれてももちろんOK。
.regや.htmはIEとの連携の為のファイルなので使わない場合はいりません。
さらに、JDICで動画見てるから動画は別にイラン、と言う人はImageViewURLReplace.datだけでOK。各ファイルの役割はreadme.txtに書いてあるので気になる方は見てみましょう。

後はV2Cを再起動すると、今まで表示されたかったサムネイルが表示されたり、動画のURLをクリックすると専用プレイヤーが立ち上がって再生されたりするでしょう。素晴らしい。

とまあ、何も考えずに使うだけならこれでいいんですが、これらは一体どれがどういう役割なんだと疑問がある方に掻い摘んで説明したいと思います。これらが原因でトラブルに会う事もあり得ますので、ある程度どういうものか知っておいた方が問題の切り分けが楽です。


さきほどのフォルダにはいくつかの機能を持ったものが複数入っています。
大まかに分けると

  • ImageViewURLReplace.dat
  • StreamingPlayer
  • URLExec.dat

というところでしょうか。


  ImageViewURLReplace.dat

イメぴた(http://imepita.jp/)等の専ブラ側が画像として認識しないURLや、直アクセスで取得できない画像を取得させるようにする為のファイルです。
こういうのはサイト毎に仕様がまちまちな上にコロコロ変わったりするので、専ブラ側で対応するとなるとすごく大変ですよね。なので誰でも編集出来るようになっているわけです。
ただのテキストなのでメモ帳で覗いてみるといいでしょう。(内容を理解する必要はありません)
V2CやJaneのフォルダに入れると自動的に専ブラが読み込み、そこに書かれた設定にしたがって画像を取得してくるわけです。

2010y03m11d_231046428.jpg
このように、URLが.jpgでなくても、ImageViewURLReplace.datに記述されているURLならサムネイルが表示してくれるようになります。
有志の方々が「このURLはこうしたら画像が取得出来る」みたいな感じで日々解析を行って更新していってくれてます。
みなさんありがとうございます。

  StreamingPlayer

動画プレイヤーです。SPと略されたりもします。
いろんなサイトに対応しており、こちらも日々更新されていってます。
YourFileHostで、「何個か見てたら登録画面しか出て来なくなった」みたいな経験ないですか?
そんな悩みも吹き飛ばしてくれます。
見た目はこんな感じです。
WS000118.JPG
?を押せばヘルプが見れるのでそれ見ればいいだけなんですが、ちょっと気づきにくい所があります。
メニューバーに!とか?のボタンがありますが、左クリックと右クリックで機能が違います。
しかも、右クリックの方がよく使う(気がする。特にYoutube)という。
実際に押すとどうなるかは押せば分かると思います。わからなければヘルプをどうぞ。
youtubeだと検索もこれでできたりするので、そのままyoutubeプレイヤーとしても使おうと思えば使えちゃいます。
yourfilehostなんかは、!の右クリックは重宝すると思いますよ。
閲覧中のファイル名の後ろが数字だったら連番でリスト化してくれます。
いちいち「次の動画見るためにURLを手動で書き換え」とかする必要がなくなります。
DLボタンを押せばダウンロードもしてくれます。まさに至れり尽くせり。
専ブラからだけ使うのがもったいないくらいです。
ていうか私はwebブラウザからも呼び出して使ってます。
ブラウザ上で対応サイトの動画URLをクリックした場合はStreamingPlayerを呼ぶ、って感じで。

  URLExec.dat

URLExec.datには、
「専ブラでどのURLをクリックするとどのソフトを起動するか」
という設定が書き連ねてあります。
基本的には、StreamingPlayerに対応してるサイトはURLExec.datに「このサイトのURLはStreamingPlayerで開け」と設定してあります。

例えば、「StreamingPlayerじゃなくて他のプレイヤーを登録したい」という場合は、URLExec.datでStreamingPlayerが起動するように指定してあるところを、任意のプレイヤーに書き換えてやればOKです。こちらもただのテキストですのでメモ帳で編集出来ます。
StreamingPlayerの為のものと思われがち(自分は最初そう思ってた)ですが、動画以外のことにももちろん使えます。
例えば、「twitterのURLをクリックしたらTweenで開く」とかね。

便利なのですが、ときどきこれを入れたせいで問題が出たりする場合もあります。
例えば、画像のサムネイルやURLクリックによる動作に問題が出た場合はとりあえず疑ってみた方がいいです。
そういう場合はまずImageViewURLReplace.datやURLExec.datを消して動作確認してみましょう。それで治るなら原因はこっちにあるという事ですからね。

もう一つ。これらをデフォルトで使う場合は問題ないですが、自分でカスタマイズして使う場合は注意が必要です。
例えば、「このURLは別に画像として表示しなくていい」とか「別のプレイヤーを起動したい」等で、自分でImageViewURLReplace.datやURLExec.datを書き換えた場合。
(デフォルトだとAmazonやヤフオクのURLも画像として扱われてしまうので、「それは困る」という人は書き換えることになると思います。)
これらのファイルは日々更新されていってますが、更新されたからといって新しいファイルで上書きすると自分で行った設定が元に戻ってしまいます。
ですので、更新する場合は手動でもう一度設定しなおす必要があります。
それに気付かず、「あれ?更新したら動作がおかしくなった?」とハマる可能性があるので気をつけてください。

あとついでにこちらも。↓

StreamingPlayerで「最新のFlashPlayerをインストールしてください」と言われる



他の記事はコッチから
V2Cのちょっと便利な使い方

V2C公式サイト
http://v2c.s50.xrea.com/
V2C公式ヘルプ
http://v2c.s50.xrea.com/manual/


posted by sarasate at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | V2C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。